投資を検討するのであれば

不動産

不動産投資を検討した場合、不動産投資コンサル会社を利用する事で手間を軽減した不労所得を得る事も可能な場合があり得ます。将来のお金の不安を少しでも解消したいのであれば、良い副業の一つと言えるかもしれません。

詳細を確認する

投資セミナーが人気

セミナー

不動産投資セミナーは不動産投資の情報を得るだけでなく、不動産投資をしている同じ立場の人と、意見交換する事ができるため価値が高いです。入居率の高い不動産会社が開催している不動産投資セミナーに参加する事で、役立つ情報を得る事ができるためオススメです。

詳細を確認する

安定収益が期待できます

不動産投資信託をマスターするなら、こちらからどうぞ!誰にでも分かりやすいようにまとめてあります。高収入のきっかけになりますね!

今が買い時です

不動産

上場不動産投資信託は安定性と収益性を兼ね揃えた金融商品です。ここ最近の不動産市況の回復を受けて投資口価格が上昇し、分配金利回りも下がってきていますが、それでも3%から4%程度の利回りを確保できます。定期預金や国債で運用するとなると、100万円を1年間預けたとしても数百円程度にしかなりませんので一度投資をしてみるとその差の大きさを実感できます。しかも上場不動産投資信託は増配の期待があります。つまり、今の段階で投資をして3%から4%程度の利回りを最低限確保しながら、増配によりさらに利回りが改善される可能性もあるのです。不動産市況が好調なほど、増配の可能性は高くなります。つまり、不動産市況が好調な今は、上場不動産投資信託に投資をするには悪くないタイミングと言えるのです。

下落はチャンスです

投資初心者の中には、分配金は約束されたものではないし、投資口価格そのものが下がり元本割れを起こす可能性もある、と考えて上場不動産投資信託への投資を控える人もいます。しかし、家賃収入を原資として分配金を支払っているという上場不動産投資信託の仕組みを考慮すれば、家賃収入が突然ゼロになるということは考えにくいです。なぜならば、多くの賃貸物件を持っているため、借主が一気に退去するということはまずないからです。また家賃の引き下げも急に起こるものではありませんし、どこかで下げ止まります。そのため、減配があっても軽微であることが多いです。また、投資口価格が下がった時は分配金利回りが上昇している可能性もあるので、追加投資をすることで投資の収益性を上げるチャンスとなるのです。

良い会社の条件

不動産

不動産投資会社を選ぶ基準は人それぞれだと思いますが、とにかく情報をくれることが望ましいです。それから、何かあればすぐに対応してくれるといったことや、交渉の際にこちらの希望を通してくれる、代案を用意している、といったところを選びましょう。

詳細を確認する